こんにちは、都築寛史です。

男子200メートル決勝で、17年ロンドン世界陸上7位のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が20秒35(向かい風1・3メートル)で優勝。10秒02で制した100メートルと合わせ、自身2大会ぶり2度目となる短距離2冠を果たした。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010000-spht-spo

陸上日本選手権の最終日、30日に福岡・博多の森陸上競技場で行われました。
男子200メートル決勝で、17年ロンドン世界陸上7位のサニブラウン・ハキーム(20・米フロリダ大)が20秒35で優勝しました。10秒02で制した100メートルと合わせ、自身2大会ぶり2度目となる短距離2冠を果たしました。
19年ドーハ世界陸上の、100メートルに続き200メートルでも代表が内定しました。400メートルリレーとあわせ、3種目で表彰台を目指す戦いになります。今月7日に100メートル9秒97の日本新記録を樹立して、日本スプリントのエースになった20歳です。日本で圧倒的な実力を示した後には、世界との戦いが待っています。
今回の100mと200mの決勝をみると、サニブラウン・ハキーム選手が他の有望選手より頭一つ抜け出た感じがします。
今までの準決勝にでることが目標だった日本人ランナーとは違う、決勝での戦いまでを見据えた走り方をしていると感じました。
記録がどうなるかと先行して話題になっていますが、もう記録はいつか必ずついてくると思わせる走り方です。
来年の東京オリンピックの100m決勝でその雄姿を観れることがとても楽しみです。

  • スポーツ中の行為はどうして“事件”になりにくいのか 
  • スポーツ中継の歴代視聴率ランキング
  • 日本人なら知っておきたい!日本生まれのスポーツ
  • 6名が捕まった「eスポーツの八百長」、最大で禁固10年の可能性
  • スポーツの天才を育てる親には共通の特徴がある!?宇佐美貴史の例にみる、最新子育て論。
  • ボクシングのジロリアン陸のリングネームの由来は?元テレビマンで手品が出来るってマジ?
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。 今回はやり投げについて公開していきます。 陸上の木南道孝記念は6日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子...
スポーツ
こんにちは。都築寛史です。 今回は「陸上アジア選手権」についてです。 陸上のアジア選手権は22日、男子100メートルの決勝が行われ、日本記録...
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。今回は高校野球について投稿致します。 時代をまたいだ10連休中、都内で高校野球の新たな試みが始まった。国立の5校に...