こんにちは。都築寛史です。

今回はアジア選手権10種競技についての投稿致します!

 陸上のアジア選手権第3日は23日、カタールのドーハであり、男子10種競技で右代(うしろ)啓祐(国士舘ク)が7872点で金メダルに輝いた。3種目目の砲丸投げで15メートル台をマークして勢いに乗り、後半の棒高跳びでは4メートル80、90をいずれも3度目でクリア。勝負強さを見せた32歳の第一人者は「年は取ったけど、いまでも成長を実感できて、すごく充実している」と声を弾ませた。中村明彦(スズキ浜松AC)は3位だった。

 女子1万メートルでは新谷仁美(ナイキTOKYOTC)が31分22秒63で銀メダルを獲得した。混合1600メートルリレーの日本(若林、武石、稲岡、佐藤)は3分20秒29で銅メダルだった。

引用元

https://www.asahi.com/articles/ASM4S1Q9HM4SUTQP001.html?iref=sp_gentop_column_list_n

10種競技で優勝はかなり凄いかと思います。32歳ですが素晴らしい結果が出せて良いかと思います。10種で優勝となると全てにおいてオールマイティに対応しなくてはいけませんね。これが出来るのは素晴らしいですね。

今後の選手生命を伸ばしつつ頑張って頂けたら良いかと思います。今後の結果がたのしみですね!

スポーツ, 未分類の関連記事
  • スポーツ中の行為はどうして“事件”になりにくいのか 
  • スポーツ中継の歴代視聴率ランキング
  • 日本人なら知っておきたい!日本生まれのスポーツ
  • 6名が捕まった「eスポーツの八百長」、最大で禁固10年の可能性
  • スポーツの天才を育てる親には共通の特徴がある!?宇佐美貴史の例にみる、最新子育て論。
  • ボクシングのジロリアン陸のリングネームの由来は?元テレビマンで手品が出来るってマジ?
おすすめの記事