こんにちは、都築寛史です。

リンガーハット、内村航平との所属契約の継続を断念 コロナ禍の業績悪化で

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2e40db0668841b470f00f069a433b7c57adfba9

体操の内村航平が4年間所属していたリンガーハットとの契約が失われることになりました。リンガーハットの新型コロナウイルスによる業績不振が理由とされています。
スポーツは世界レベルになればお金がかかるので、企業のスポンサードが必要になります。しかしそのスポンサーが新型コロナの影響で業績が不振になってしまい、スポンサーを継続できないことはまだまだ続くのではないでしょうか。
選手にとっては大きな損失であることは間違いありません。しかしスポンサーも背に腹は代えられない状況だと思います。
これからしばらくの間は、スポーツ界を襲ってくる経済の嵐が吹き荒れることになると思います。メジャーなスポーツでも資金調達は大変な仕事であるのですが、当面の間は観客動員による利益も難しい状態が続くことは予想されます。
今後のスポーツの運営について、資金不足は続くことになるのですが、それがいつまで続くのかは大きな問題だと思います。
チームを支えることもできなくなる企業が増えるのではないでしょうか。政府からの支援は難しいと思います。また、配信やテレビ中継で、収入をつくるとしても、たかが知れている程度だと思います。
東京オリンピック・パラリンピックを契機に起死回生を考えているチームも、開催されるかどうかが不明であるため当てにすることはできないと思います。
内村選手のようにスポーツ選手は、新型コロナで練習する時間を奪われ、また資金も奪われることになってしまうと思います。

体操の関連記事
  • 内村航平の所属契約を断念
おすすめの記事
未分類
こんにちは。都築寛史です。 今回はスポーツ選手と経営者が集まる六本木について記事を書いていきます。 六本木歩いているとスポーツ選手や芸能人な...