こんにちは、都築寛史です。

横綱・輪島の同郷の力士たちへの影響は、現在でも大きいのかもしれませんね。

https://mag.japaaan.com/archives/71030/3

相撲の世界で本名のまま、土俵に上がり続ける力士がいます。

最初は誰もが知っている「遠藤」です。本名は、遠藤聖大。いつももう一歩の成績が続き、なかなか三役に定着しませんが、人気のある力士としては筆頭でしょう。石川県出身で追手風部屋。日本大学出身。

二人目は、元大関の「出島」で現在大鳴門親方。本名は、出島武春。美白ブームとなったときは美白力士とも称されて人気を博しました。石川県出身で現役当時は武蔵川部屋。中央大学出身。

二人は、石川県出身で大学相撲の出身が共通しています。その同じ石川県出身で大学相撲出身の横綱が、「輪島」です。本名は、輪島大士。本名で横綱まで務めた力士は、輪島だけです。現役引退後に借金問題やプロレスラーへの転向で、イメージが悪い点はありますが、偉大な横綱だったことは間違いありません。

他の石川県出身の力士では、「輝」が、本名は達綾哉ですが、四股名は輝大士と輪島の名前を使っています。また、横綱和島は父方の遠縁にあたるそうです。

横綱・輪島の同郷の力士への影響は、現在でも大きいのかもしれません。
しかし、石川県出身の力士でも、「炎鵬」のように本名に関係なく四股名で活躍している力士もいます。

スポーツ, 相撲の関連記事
  • スポーツ中の行為はどうして“事件”になりにくいのか 
  • スポーツ中継の歴代視聴率ランキング
  • 日本人なら知っておきたい!日本生まれのスポーツ
  • 6名が捕まった「eスポーツの八百長」、最大で禁固10年の可能性
  • スポーツの天才を育てる親には共通の特徴がある!?宇佐美貴史の例にみる、最新子育て論。
  • ボクシングのジロリアン陸のリングネームの由来は?元テレビマンで手品が出来るってマジ?
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。 争いごとでは、いかなる手を使っても勝ちたいと考えてくるのは自然なことです。よって、薬物を使って能力を向上するドー...