こんにちは、都築寛史です。

5月19日(日)に開幕した「世界バドミントン男女混合国別対抗戦2019 スディルマンカップ」。

男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目5試合で、12の国と地域が威信をかけて優勝を争う大会だ。

バドミントンは、スマッシュを打ったときのシャトルの最高時速が500キロ近くに達するほど激しいスポーツ。他にも、求められる資質やトレーニングの仕方など、特殊な面が多い。

今回はそんなバドミントンという特殊なスポーツの謎に迫ってみたい。

話を聞いたのは北京、ロンドン五輪に出場したバドミントン元日本代表選手の池田信太郎氏だ。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00010000-asapostv-spo

バトミントンという競技はかなり面白く、老若男女出来る競技なので面白いスポーツではありますので、その中でバトミントンという競技に関してはかなりわかりやすく非常に興味があるものかと思います。

五輪の競技にもなってますので興味があれば見てみるのも良いかと思います。

未分類の関連記事
  • 現行のライスボールが終わる
  • 新大関と元大関で7月場所は盛り上がります
  • 野菜嫌いは天才アスリートの証明なのか 宇野昌磨が「肉しか食べない伝説」
  • ボクシングで史上最強のチャンピオンは誰? 世界歴代NO.1のボクサーは報酬もケタ違い!!!
  • 先場所優勝の朝乃山、三役昇進ならず…阿炎と竜電は新小結
  • 八村塁が入団会見「どれだけ大きなことをしたのか」
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。今回は高校野球について投稿致します。 時代をまたいだ10連休中、都内で高校野球の新たな試みが始まった。国立の5校に...