こんにちは、都築寛史です。

センバツに出場した32校中、夏の甲子園に出場するのは11校。約3分の2のチームが、春夏連続出場を果たせずに終わったのである。

引用元https://news.goo.ne.jp/article/sportiva/sports/sportiva-0000086705.html

夏の甲子園第101大会の代表49校が出揃いました。そのなかでセンバツに出場した32校中、夏の甲子園に出場するのは11校、約3分の2のチームが、春夏連続出場を果たせずに終わったのです。
なかでも、センバツ優勝の東邦は愛知大会の2回戦で星城に、しかもコールド負けという衝撃的な敗戦を喫しています。
春の大会と夏の大会は、メンバーは基本同じ選手で構成されます。それがこの結果になるのは、何故なのでしょう。
監督が口にしていることは、春の大会と夏の大会の間が約2ヶ月半は、とても時間が足りないとのことです。
春の甲子園に出場すると、達成感を持ってしまうようです。その気持ちを切り替えるのは、とても大変なことで、時間が足りない。
対戦する学校からすると選抜に出場したチームということで、必死に向かっていきます。
それで1発勝負の夏の大会で、このような結果になるとのことです。
それでも100回になる大会のなかで、春夏連覇をした学校が7校あります。この連覇をした学校の精神力やチーム力を維持して、達成できたことはとてもすごい事を成し遂げたことになります。
図抜けて強いチームでなければ、できない偉業だったことに改めて感心します。

スポーツ, 高校野球の関連記事
  • スポーツ中の行為はどうして“事件”になりにくいのか 
  • スポーツ中継の歴代視聴率ランキング
  • 日本人なら知っておきたい!日本生まれのスポーツ
  • 6名が捕まった「eスポーツの八百長」、最大で禁固10年の可能性
  • スポーツの天才を育てる親には共通の特徴がある!?宇佐美貴史の例にみる、最新子育て論。
  • ボクシングのジロリアン陸のリングネームの由来は?元テレビマンで手品が出来るってマジ?
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。 なんと東京オリンピックの公式チケットが明日で応募が完了します。 一生に一度見れるか見れないか、、本当に気になるも...