こんにちは、都築寛史です。

K―1武尊V2戦 まさかの2度目の延期に 天心戦実現へ勝利義務付けられていた

https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-2601690.html

1月24日で予定されていた東京・国立代々木競技場第一体育館大会の「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN〜K’FESTA.4〜」が延期されると発表されました。
ここでスーパーフェザー級王者・武尊(29)が、レオナ・ペタス(28)を迎え撃つV2戦が予定されていました。このタイトル戦はもともと昨年11月3日の福岡大会で組まれていたのですが、王者が10月に左拳を負傷してしまい、今回にスライドされました。その注目の大一番がまさかの2度目の延期となってしまいました。
ここで武尊は勝利して那須川天心との一戦に繋がる試合でした。武尊は昨年大みそかの「RIZIN」さいたま大会に来場して、〝神童〟那須川天心(22)とのドリームマッチ実現への決意を語っていました。
武尊VS那須川天心は、格闘技ファンなら垂涎の一戦になります。
新型コロナの影響で試合が延期になるのは仕方がないことですが、年齢的に遅くなることは興味が半減してしまうと思います。また、那須川天心はキックボクシングで強すぎるために対戦相手がいないので、残り数試合で国際ボクシングに転向することになっています。
そんな貴重な一戦を旬な時に観たいと思うのは、格闘技ファンだけではないと思います。
そんな世紀の一戦がマッチメイクされるためにも、K-1が早期に開催されて、武尊が勝利することを期待したいと思います。
格闘技は、両選手が旬な時に試合が組まれることが、最高のマッチメイクになるのです。

K-1の関連記事
  • K-1が再延期
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。 争いごとでは、いかなる手を使っても勝ちたいと考えてくるのは自然なことです。よって、薬物を使って能力を向上するドー...