こんにちは、都築寛史です。

「お願いだから外に出ないで」ジダン、リーグ優勝達成もファンに自制を呼びかける

https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-m4t97uqyjpig135xu6t448zvt.html

サッカー元フランス代表のジダンが率いるレアル・マドリードが、19−20シーズンのラ・リーガ優勝を決めました。新型コロナウイルス感染拡大に伴って、3月から6月にかけて全公式戦が凍結となる未曾有のシーズンでしたが、指揮官ジダンは選手たちの戦いぶりに手放しで賛辞を贈りました。そして、ファンには「お願いだから外に出て皆で祝うことはしないでほしい。なんとか自宅に留まってもらいたい」と強く呼びかけました。また、どんなに嬉しくても感染症拡大を制御する必要があると述べました。
リーグの優勝をして、喜びたい気持ちはいっぱいだと思いますが、新型コロナウイルスの感染がファンの間で広まることを懸念して、健康上の理由を分かって欲しいと語っています。
スポーツの醍醐味は、応援するチームが優勝をして、歓喜に浸ることだと思います。しかし、新型コロナウイルスに感染をしてしまっては、元も子もありません。
そんなファンのことまで考えて発言ができるジダンは、監督としても優秀な指揮官なのでしょう。ジダンが現役選手の時に、2006年にベルリンで行われたワールドカップの決勝戦のイタリア戦で、相手選手のマルコ・マテラッツィに頭突きをして退場になった事件を思い出してしまいます。あれほど血の気の多い選手だったジダンが、冷静沈着な指揮官に変貌したことに驚いてしまいます。
超一流のサッカー選手が、優秀な指揮官になるとは思いませんが、ジダンは優秀な指揮官になったのだと、その言葉から感じられました。

サッカーの関連記事
  • 三浦和良が来季もJ1横浜FCと契約
  • 高校サッカーでロングスローが武器に
  • コロナ禍の中でレアルマドリードがリーグ優勝
  • 8人の女性を襲い懲役30年の元Jリーガー・神村奨、6年前の「ドーピング疑惑」との関連はあるのか?
  • 久保建英が歴史作った 4大リーグ日本人最年少出場
  • 韓国人の79.4%が「C.ロナウドをもう応援しない」…“韓国が嫌うスポーツスター”に
おすすめの記事
未分類
こんにちは。都築寛史です。 今回はスポーツ選手と経営者が集まる六本木について記事を書いていきます。 六本木歩いているとスポーツ選手や芸能人な...
野球
こんにちは、都築寛史です。 現役続行には批判も多い斎藤佑樹、それでも野球を辞めない“精神的な図太さ” https://news.yahoo....