こんにちは、都築寛史です。

J2横浜FCの52歳、MF三浦はキャプテンマークを巻いて先発し、自身の持つ大会最年長出場記録を更新した。

引用元

https://www.asahi.com/articles/ASM7B61VMM7BUTQP01L.html

サッカー天皇杯全日本選手権2回戦で、J2横浜FCの52歳、MF三浦はキャプテンマークを巻いて先発し、自身の持つ大会最年長出場記録を更新しました。
4月に左太ももを負傷して離脱し、公式戦のピッチは約3カ月ぶりで、令和に変わってからは初めてでした。トップ下でピッチに立ち、積極的に声をかけながらチームを引っ張ったが、シュートを放つことはできず、後半17分に退きました。
結果は、横浜FC2―1仙台大でチームは勝利しました。
52歳の年齢で、怪我を克服して試合に出場することが奇跡です。それにもまして60分以上も試合に出続けられたことは頭が下がります。
年齢による体力の衰えは、抗うことができない現実です。
それでも、現役を続けることができるのは、カズの気力なのか技術なのか、それともその両方なのか。
スポーツ選手の引退は、潔く退いてしまう選手もいます。またカズのように、とことん続けていく選手もいます。
どちらもそれぞれの哲学があり、理解できますし、その姿は、スーパースターであれば余計に美しく見えます。
ここまで頑張っているカズは、ピッチの中で寿命をまっとうして欲しいとまで思います。

サッカー, スポーツの関連記事
  • 三浦和良が来季もJ1横浜FCと契約
  • 高校サッカーでロングスローが武器に
  • コロナ禍の中でレアルマドリードがリーグ優勝
  • 8人の女性を襲い懲役30年の元Jリーガー・神村奨、6年前の「ドーピング疑惑」との関連はあるのか?
  • 久保建英が歴史作った 4大リーグ日本人最年少出場
  • 韓国人の79.4%が「C.ロナウドをもう応援しない」…“韓国が嫌うスポーツスター”に
おすすめの記事
スポーツ
こんにちは、都築寛史です。 オリンピックチケットの件でアクセスが出来ずに困っている方がかなり多いみたいです。 以下引用します。 2020年東...